*

歩き方が間違っていると病気になる

最近気になる健康ニュースhead

歩き方が間違っていると病気になる

戸外を裸足で歩くことはほとんどなく
靴を履いて生活していると、
その靴を履くことで、様々な障害がを引き起こされてきます

 

健康な足と信じていたのに、
現代人は足に何かしらの障害、または病気を持っています

 

浮き指や外反母趾などの名称は聞いたことがあると思います

その原因はいろいろあるけれど
その中でも特に大事なのは普段の歩き方

 

歩いている最中の靴の中の足は
足の指を上に曲げ、靴にあてながら歩く癖がある・・・
私はこの癖がありました

 

この癖を持っていると、足がとても疲れます
靴を脱ぐとホッとして
足はジンジンとしびれているのがわかるの

 

何故こうなってしまったのか?

こうして歩かないとヒールのある靴やパンプスが脱げてしまいそうになる
単純に、靴が足に合っていないという理由もあるけれど
しかし、もっと大きな理由があったのです

 

なぜこの歩き方をしないと靴が脱げそうになってしまうのか?

この歩き方をしている人は、
足の親指から小指にわたってある『横中足靭帯』が
伸びたり緩んだりして機能が衰えてしまっていることが多い

 

靭帯の機能が衰えてしまうと
親指に体重をかけても踏ん張れなくなってしまうの

 

この足で靴を履くと、足が踏ん張れないので
自然と足の指を上に曲げ、
靴が脱げないよう指をあてながら歩くようになるのです

 

あなたは大丈夫?

この歩き方を改善するためには
『足裏の靭帯を鍛えて歩くとき親指で踏ん張れるようにする』
という事を目指さなければなりません

 

ウォーキングをする前に、
自分の普段の歩き方を見直してみようね

 

 

スポンサーリンク

関連記事

no image

ペタペタ歩きしていませんか?

  ペタペタ歩きという言葉を耳にします ペタペタ歩きとは、足指

記事を読む

no image

ペタペタ歩きは足を退化させる-恐ろしい現代病?

  ペタペタ歩いているよ 歩き方がなんかヘンだよ  

記事を読む

no image

足に合った靴を履いて歩くと、歩行が楽しくなる

ウォーキングでもないのに 歩いていてオヤ?と足に違和感を感じた 足の指をさわってみると、

記事を読む

no image

ペタペタ歩きの見本が歩いていた・・

足のサイズに合っているパンプスを履いているつもりだったけど、 ふと、かかとをみると5ミリく

記事を読む

no image

歩くときの重心は合っていますか?

  ウォーキングを長時間しても疲れにくくするためには 正しいウォーキングフ

記事を読む

no image

歩き方がおかしい

歩き方がおかしい 30代や40代といった現役バリバリの人たちが 老化現象のように、足や腰

記事を読む

neko-toire1
猫のトイレはキレイ好き!

猫はとってもキレイ好き。 ですから、トイレにもこだわります。

onaka-miseru-neko2
猫の気分はコロコロ変わる

猫の気分はなぜコロコロ変わるの? 猫は撫でてほしくて甘えてきたか

neko-byouki
猫から移る感染症が気になる

猫から移る感染症 飼い主がどんなに健康であっても、 一緒に家族

petto-gohan
以前のペットの食事は、濃い味がついていた?

(adsbygoogle = window.a

neko-tsumetogi
猫を飼い始めて困ることは猫の爪とぎ

(adsbygoogle = window.a

→もっと見る

PAGE TOP ↑